「住むように泊まる」ホテル|GOOD NATURE HOTEL KYOTO_vol.3「サイン編」

実際に空間を体験することで、その“建物”の「なんか、いい」をお伝えする「京都空間デザイン探訪」。京都にこんな場所があるんだ、場所は知っていたけれどこんな場所だったんだ、と思ってもらえるような場所をご紹介します。

前回に、引き続きGOOD NATURE HOTEL KYOTOさんについて。

共用部・客室編に引き続き、最終回は独特で面白い「サイン編」。こんなサインも有りなんだ!と感じた「あ、なんか、いい」ポイントご紹介いたしますのでお楽しみください♪

共用部編

客室編

GOOD NATURE HOTEL KYOTO

河原町の高島屋の南側にあるGOOD NATURE HOTEL KYOTO。

GOOD NATURE STATIONという複合商業施設と一体になったホテルで、「人にも、自然にも、いいものを。」というコンセプトをもとに、河原町のど真ん中で“心も体も深呼吸する”ような自然を感じる居心地。


コンセプトに基づいてセレクトされた空間計画を始め、調度品や、素材、着るモノ、食べ物まで整っていて
滞在すること自体を楽しめるホテルです。

丸みのあるデザイン

GOOD NATURE HOTEL KYOTOは、商業施設も兼ね備えた複合施設の一部に併設されているホテルなので、GOOD NATURE STATIONと揃ったデザインです。

このGOOD NATUREが、館内のあらゆるところにサインで表現されています。

繁華街の中にあることで、よりメッセージ性があって考えさせられるポイントでありますね。

館内ツアー「GOOD NATURE WALK」でスタッフさんのお話を聞きながら巡ったのでより、“ぐっ”とこのメッセージが入りました。

ルームキーを入れるホルダーも再生紙のようなクラフト紙。高さを目いっぱい使って、きちきちに書かれたGOOD NATUREもなんだか愛おしいです(笑

温かみのあるサイン計画

GOOD NATURE HOTEL KYOTOで一番驚いたのは、「サインがあったかい」。

どういうこと?と思われると思いますが、温かさが感じられるホテルって珍しいです。というのも、サインは誘導するためのツールなので、「読みやすさ」が求められることが多いのですが、その逆なんです!!なんて、斬新。。。そんなココロオドルようなサインがこちら。

か、かわいい・・・。(心の声)

寄ればわかるんですが、俯瞰だとこんな感じなんです。

一瞬、読めない・・・。

でも、いいんです!!!コンセプトはそこじゃないんです。

もっと寄ってみると、気づくのですが・・・、「もしかして手で紐を巻いている?!」。いや、ほぼ確実手巻きな気がします。。。しかも、ほのかに残るボンド跡も然り、温かみと親しみが感じられます。

共用部はちゃんと見やすく

一方、共用部のサインは見やすい工夫がされています。

色合いはベースがマットなトープ色。縁取りは共用部編でお伝えした「コッパー」のアールがついた共通のモチーフが使われています。そこにホワイトの文字が使われているので対比がついて読みやすいです。

俯瞰で見ても、わかりやすく、素材が多く、テクスチャーも目立つのですが、館内のデザインが全て統制でれているのでまとまりがありますね。

ピクトグラムがかわいい

GOOD NATURE HOTEL KYOTOやGOOD NATURE STATIONについては、アールのデザインであらゆるポイントが揃っているのですが、トイレやエレベーターなど見ただけで何かがわかる「ピクトグラム」がかわいいんです。

余談ですが、

ピクトグラムは、東京オリンピックのがーまるちょばさんでも有名になりましたよね♪(あのアイデアは・・・さすがとしか言えないですね!)

横から見ても、かわいい・・・。

さらに、並んでもしつこくない・・。甘いのに、くどくないって、バランス感抜群です♪

GOOD NATURE HOTEL KYOTOは、サインも暖かさ・優しさを感じられるホテルでした。
リユースやリサイクル、サステナブルなど、様々な取り組みをされていて環境に配慮された点から「循環」を感じるポイントが多く、「円」や「アール」を多用されているのではないかと考察します^^
※)サインでのオススメはやはり何といっても「客室のサイン」です♪GOOD NATURE HOTEL KYOTOならではのポイントと言っても過言じゃないと思いました!読みやすさだけじゃない、手のぬくもりを感じられるサイン計画です。

京都空間デザイン探訪|今回のまとめ

アールをモチーフに全体的に統制されたシンプルなサイン計画。その中に、伝統工芸から派生する手のぬくもりや手仕事を感じられるポイントがあり、心温まります。サイン計画に愛おしさを感じるGOOD NATURE HOTEL KYOTOでした。

京都で感じられる空間の「なんか・・いい」を次回もお伝えします。お楽しみに。

【訪れた場所】

■GOOD NATURE HOTEL KYOTO|京都市下京区

京都府京都市下京区河原町通四条下ル2丁目稲荷町318-6 GOOD NATURE STATION4~9階

設計/内装 design farm DRiP

建築基本設計・設計監理監修 東畑建築事務所

建築実施設計・工事監理 大林組一級建築士事務所

開業:2019年12月9日

この記事をシェア!

好きが見つかる連載の他の記事
好きが見つかる連載一覧 >

ライフスタイルの他の記事
ライフスタイル一覧 >

家庭菜園を誰でも手軽に。心地の良い、遊べる菜園「UETE(ウエテ)」
大東寝具工業からアウトドアを楽しむソファクッション「tetra NATURA」ブランドが登場!
京の温所・釜座二条_vol.2【体験レポート】|京都空間デザイン探訪-「滞在しながら過ごしやすさをひも解く編」-
京の温所・釜座二条_vol.1【体験レポート】|京都空間デザイン探訪-中村氏と皆川氏の空間楽しむ編-