クライアントのイメージを
イラストする

イラストを見て楽しんでもらいたい

イラストを見て楽しんでもらいたい

イラストレーター/グラフィックデザイナー

サンノさん

■サンノ
2017年に同志社大学卒業。2019年に創造社デザイン専門学校を卒業。同年から現在まで、フリーランスとして、イラスト・グラフィックデザインの仕事行っている。

絵やデザインを仕事にするのは無理だと思った。

フジタ

早速ですが、本日はよろしくお願いします。

サンノさん

はい。よろしくお願いします。

フジタ

一点ずっと気になっていたんですが、サンノさんって本名なんでしょうか?

サンノさん

あ、そうなんですよ。本名です。

フジタ

へー!苗字ですか?

サンノさん

はい、苗字です。あんまりサンノって苗字は他にないですよね。笑

フジタ

しかもカタカナで書くと特に、海外の方っぽいですね。

サンノさん

あんまり本名って思われないんですけど、請求書とかをお送りしたときに『本名だったんですね』みたいなことがありますね。笑

フジタ

なるほど。笑 面白いですね。では経歴からお聞きしたいのですが、同志社大学を2017年に卒業して、すぐにデザインの専門学校に行かれてるんですよね?

サンノさん

はい、そうです。

フジタ

同志社では、美術の…。

サンノさん

はい、同志社大学の文学部の美学芸術学科っていう、ちょっと長い名前のマイナー学科にいました。

フジタ

おー。どういったことを学ばれていたのですか?

サンノさん

そこでは描く美術とかじゃなくて、美術の歴史とかそういう座学の勉強をしていたので、あんまり直接今の仕事に関係してることを学んでたってわけじゃないですね。

フジタ

そうですよね、大学なので座学がメインですよね。

サンノさん

そうなんです。

イラスト事例

フジタ

もともと絵を描いたり、デザインとかを好きだったんでしょうか?

サンノさん

そうですね。叔母がデザイナーをやっているんですよ。彼女のタイプとしては若干私に似ていて、イラスト描いたりするタイプのグラフィックデザイナーをしていて。その姿を子供のときから見ているので。

フジタ

描くのが自然な環境だったんですね。

サンノさん

そうですね。趣味で本当落書き程度なんですけど、書いていました。

フジタ

凄い。でも同志社に行かれて、本当だったら普通の会社に就職しようって感じですよね?

サンノさん

そうですね、小さい時は、叔母を見て、デザイナーになりたいと思っていたんですけど。ただ、絵やデザインを仕事にするなんて難しいでしょーって思い始めて、普通に大学も行ったので、デザインとは関係ない仕事に就こうかなっていう風に考えていました。ただ、やっぱり就職活動していくなかで、『やっぱりデザインしたいかもな』みたいな感じになりました。その時は絵を描くっていうよりグラフィックデザインがしたいなっていう風に思ってたはいたんですけど。

フジタ

イラストだけだはなく、ロゴとか作りたいと思ったんですね。就職活動していたけどやっぱりやりたいと思って専門学校に行ったんですか?

サンノさん

はい、そうですね。

フジタ

専門学校の話をもっと聞かせてもらいたいです!サンノさんの絵って特徴的じゃないですか?でも実績を色々見させていただいたら、漫画の表紙デザインなども担当されていて、こういったデザインのお仕事もされているんだなーと驚きました。

サンノさん

どの本だろう…あ、これですね!

フジタ

こういったデザインはやっぱり専門学校に行かれて勉強されたっていうのが結構影響されたのかなあと思いました。

サンノさん

そうかもしれないですね。最初の方は本当に絵を描くつもりがなかったので、どっちかっというと、ご覧いただいた、絵を素材に使ってデザインするっていう方をやろうと思ってたので。

フジタ

でも今は、サンノさんのツイッターとか見ていると、サンノさんのテイストに合わせたものが多いかなと思うんですけど。どうでしょうか?

サンノさん

そうですね。

フジタ

こういうお仕事を戴くときとかは、サンノさんを知っている人からの依頼が多かったりするんですか?

サンノさん

そうですね。ツイッターを通していただくご依頼とかは、ツイッターを見てもらってる状態なので、サンノさんのテイストでっていう感じの、主にイラストのそういう案件が多いですね。

フジタ

そうですよね。

サンノさん

グラフィックデザインは企業案件がメインで、守秘義務のあるご依頼が多くSNSやサイトなどにあまり掲載できないんです。なので、デザインの業務委託を募集しているところに応募することで、ご依頼をいただいたりもしています。

フジタ

なるほどです。いろんなところでご自身で応募したりされていたんですね。

サンノさん

はい。ただ全然行動力がなくて…全然出来てないんですけど(笑)これからちゃんと頑張らないとなって思ってます。

フジタ

KYOTO LETTERは個人の方でもクリエイターさんに簡単にお問い合わせできるサイトを目指しているのですが、サンノさんの仕事の割合って個人の方も多いんでしょうか?

サンノさん

今はちょっとずつ増えてきてるような状態ですね!

フジタ

ツイッター経由が多いですか?

サンノさん

そうですね、ツイッター経由とか、あ、あとビーハンスってたぶんご存じですか?

フジタ

はい、サンノさんので見ました!

サンノさん

behanceというクリエイター向けのSNSがあり私も登録しているのですが、最近はbehanceを通して見つけていただいてご依頼を戴いてとかもありますね。

フジタ

へー、これ僕あんまりよく分かってないんですけど、クリエイターさんが使うサイトなんですか?企業さんも求人されたりもって感じですよね。

サンノさん

アドビが運営しているみたいですねー。

フジタ

そこ経由で来られたりするんですね。ありがとうございます。

いろんな影響を受けて今のテイストに

フジタ

サンノさんの絵柄って特徴的で『あっサンノさん!』ってすぐわかるんですけど、こういう絵に影響受けたとかって、こういうのが好きってありますか?後ろにドラえもんのポスターが貼ってあると思うのですが。笑」

サンノさん

ドラえもんは好きですね~。確かに影響で言えば、もうおっしゃる通り不二子・F・不二夫先生の漫画は影響を受けています。

フジタ

そうですよねー!お聞きしたいメモに書いてました。笑

サンノさん

ありがとうございます。笑 ちっちゃい時から読んでるので、そこからは確実に影響を受けているなあというのと、あと、特に好きなイラストレーターさんでいうと、アルファベットでJUN OSON(ジュン・オソン)さんという方がいらっっしゃるのですが。

https://junoson.com

フジタ

日本の方ですか?

サンノさん

日本の方です。

フジタ

へー(検索中)ほうほう…ベタで色付けしている感じなのですね…この方がお好きなんですね。

サンノさん

はい。すごく好きで、線の描き方とか、色の塗り方とか。

フジタ

確かに、似てるかもしれない。

サンノさん

番組や挿絵など、いろいろな媒体で活動されているんです。

フジタ

なるほど。色々な方の影響を受けて今の絵柄になってるんですね。

サンノさん

はい、そんな感じだと思います。

クライアントのイメージをイラストする。

フジタ

まだまだ聞きたいんですけど、まず「ご自分の得意なことや強みだと思う部分」を教えていただけますでしょうか?

サンノさん

一夜漬けが苦手でかつ心配性なので、計画を立ててコツコツ作業することが得意ですね。 また我が我がという性格ではないので、相手の話をよく聞くことは心がけています。

フジタ

実は取材前に事前にヒアリング等もしているんですが…なんかあれですよね…絵柄的には『おりゃあ!』って感じなのにイメージと間反対です。笑

サンノさん

ダイナミックな。笑

フジタ

勝手なイメージです。笑 なんとなく絵柄がダイナミックな部分もあるので意外だと思いました。でもお願いする側としたら全然こっちの方が安心ですよね。笑

サンノさん

そうですね。笑

フジタ

では次に「仕事をする上で大事にしていること」を教えてください。

サンノさん

依頼者の方とイメージのすり合わせを細かく行うこと、自分の作りたいものを作らないことです。

フジタ

なるほど。

サンノさん

同じキーワードを共有していてもお互いに頭の中で想像していることが違うということもありますし、「おまかせで」とおっしゃっていても、相手の方の中にふんわりとした理想があるかなと思うので、なるべくそれを見つけて、良い形にできるように、やりとりの中で正解を探す作業を大事にしています。 その上で、「自分はこういうものが作りたい」という欲はノイズになったり、相手の欲しいものでは無かったりもするので、そういった自我は控えめにしようと思っています。

フジタ

スタイリッシュって言われても、どういうスタイリッシュなのかっていう風になりますよね。

サンノさん

はい、おっしゃる通りです。

フジタ

でもたぶんサンノさんにお願いする人って『サンノさんのおまかせで』っていわれる率めっちゃ高いと思っちゃうんですけど…。笑

サンノさん

多いですね。笑

フジタ

ですよねー。笑

サンノさん

結構そういう時は困ってしまうというか…『おまかせなわけないよなぁ…』って思って(笑)なのでなるべく、どんなのがいいですかね?ってみたいな感じには聞いてます。

フジタ

そっかあ…実際おまかせでって言われて、結局出したものに『ちょっとちがうねんなあ…』みたいなことも結構あったりするんですか?

サンノさん

そうですね、イラストだとこれまでご依頼戴いた方がすごい本当に優しい方たちばかりだったので、イラストでおまかせでってという時は「いや違うなあ…」って思うことはほぼないですね。

フジタ

おー、そうなんですね。

サンノさん

ただ、今大阪のデザイン会社と業務委託契約を結んでいて、バナーのデザインとか、イラストとかとは、ツイッターで活動してる内容とは全く関係ない面でグラフィックのデザインしてて、でそういうときにデザイナーさんのおまかせでお願いしますってことを時々言われるんですけど、それで出したら全然違うっていう風に言われることもありますね。

フジタ

あるあるですねー。

サンノさん

そうです。笑 おまかせって言われたのにーって。

フジタ

この記事を読まれている方も、そこはちゃんとご自分のイメージをサンノさんにお伝えしながら、サンノさんも聞いていただける方って言うのはわかっていただいたと思いますのでお互い良い関係で進めたいですよね。 こういうことの対策のためでも「打ち合わせ等で工夫されていること」とかってありますか?」

サンノさん

なるべく、その方に合わせるようにしていますね。オンラインとかでも出来ますけどどうですか?っていう風にお聞きしたりとか、なんかこう雰囲気的に文章でやりとりされたい感じかなーとかだったら、そのままメールでやり取りしたりとかっていう風に、結構それぞれかもしれないですね。

フジタ

なるほど、僕めっちゃ良いなあと思ったのが、サンノさんのツイッターの文章「気さくです」って書いてるのが最高だなと思っていました。笑

サンノさん

ありがとうございます。笑 「気さく」はツイッターで水野しずさんっていう方がプロフィールに書かれてるのを見て「めちゃいいな〜」と思って、そのまま真似しただけなんです。

フジタ

へー!そうなんですね。あれ書いていただくだけで、なんか安心しますよね。

サンノさん

そうですね、やっぱり気楽に来てほしくって。

フジタ

真似します。笑

サンノさん

水野しずさん、真似してすみません…。

フジタ

打ち合わせは、テキストでも良いし、オンラインとかで対面して話すとかでも全然いけるってことですよね。

サンノさん

はい。大丈夫です。

学生時代から繋がっているラジオの繋がり。

フジタ

ありがとうございます。ではいままで印象に残っているお仕事のエピソードについて教えていただいてもよろしいでしょうか?

サンノさん

2019年に、まだ専門学校の学生だった頃なのですが、東京で開催される「ラジオリスナーフェス」という、ラジオリスナーのイベントのフライヤーデザインのご依頼をいただいたことが印象に残っています。企画者が岩井葉介さんというかたで、イベントにも招待していただいたのですが、学生のうちに貴重な経験をさせていただけてすごくありがたかったです。

フジタ

へー!東京の方ですか?

サンノさん

そうですね、東京の方です。

フジタ

このプラネット賞はまた別の方ですか?

サンノさん

あ、一緒の方が企画されているんです!

フジタ

やっぱそうなんですね!

サンノさん

最初だったので、めちゃめちゃ緊張したんですけど、岩井さんも良い方で。

フジタ

これ学生さんのときにやられたんですね。すごいなー。

2020年バージョン

サンノさん

嬉しいです!

フジタ

専門学校を卒業されてから、そのままフリーランスとして働かれてると思うのですが、学生さんの時からこのようにお仕事とかき出してたんですか?

サンノさん

学生で実績も全然ないので、本当に少しだけですね。

フジタ

そうなんですね。

サンノさん

ラジオリスナーの方を中心に、ツイッターのアイコンをお描きすることはありました。今もたまにご依頼いただいてます。

フジタ

ツイッターで確かにアイコン結構描かれてますね。やっぱ、サンノさんのイラストは目につきやすいからですかね。「ラジびと」とかは別の方のお仕事ですか?

サンノさん

はい、ラジびとは別の方で。林冴香さんという当時その方もラジオが好きなデザインを学ばれている学生さんで、その方の卒業制作として作られた本だったんですけど、それに私が一緒に参加させていただいてらうっていう形ですね。

フジタ

そうなんですねえ。ラジオの繋がりが結構ありますね。あとはイベントフライヤーとかも多いですよね。

サンノさん

そうですね。フライヤーもちょこちょこっとあります。

フジタ

イベントのインパクトがサンノさんのイラストのインパクトとマッチしているんでしょうね。

サンノさん

そうだとありがたいですね!

実は自由に創作するのは苦手なんです。笑

フジタ

それでは、サンノさんご自身で苦手なことや少し弱点だなと思う点があれば教えてください 。

サンノさん

自由に創作、表現することが苦手です。ツイッターに定期的にオリジナルのイラストをアップしているのですが、基本的には何も思い浮かばないので、毎回難しいな…と思っています。

フジタ

ツイッターを見てる僕たちは「サンノさん困ってるやろなあ」って思ってる人絶対いないと思います!笑

サンノさん

割と困ってるんです。笑

フジタ

カレンダーとかされてたりすると思うんで、毎月どうしようかなって悩まれているんですね。

https://twitter.com/sanno92614/status/1367448788411973640

サンノさん

はい、いつも困ってますね。笑

フジタ

僕は描けないのでいつもすごいなーと思っています。

サンノさん

ありがとうございます!笑

フジタ

あと、漫画とかもめっちゃ良いですよねえ

サンノさん

あ、絵日記みたいな感じですよね。

フジタ

あっはい、そうですそうです。あれって最近はもう書かれてないのですか?

サンノさん

最近はめんどくさがってしまって、描いてないです…。

フジタ

えー、僕絵日記みたいなの好きなんですよねー。

僕のお気に入りのウソ絵日記。笑

サンノさん

ありがとうございます!頑張ります!

フジタ

でも、サンノさんは意外とクライアントを仕事で「こういう感じ、こういうの作って欲しい」と言われる方が得意って感じなんですね。ほ

サンノさん

そうですね、そっちの方が安心かなあとも思うので。

フジタ

なるほど、サンノさんの絵柄を見ちゃうと、「おまかせで」って言いたくなる気持ちも分かるので発注側も気をつけましょう!笑

サンノさん

でもほんとに何もなければ、おまかせのご依頼でも全然問題ないです!

イラストを見て楽しんでもらいたい

フジタ

では、今後どういった方とお仕事されたいでしょうか?

サンノさん

そうですね。色んな方とお仕事出来たらと思っています。結構今まで、雑誌挿絵のお仕事とかあって。凄く楽しくて、挿絵のお仕事は私自身ずっと前からあこがれとかもあったので。なので今後出版社の方の挿絵を描くっていうようなことが出来たらいいなあと思っています。

フジタ

雑誌とかの挿絵とか良いですね。とても合いそうです。

サンノさん

ありがとうございます。

フジタ

サンノさんの場合、東京からの案件の方が多いんじゃないですか?

サンノさん

東京の方が多いですねー。

フジタ

やっぱり、そうですよね。では、最後に「この記事を読まれる方やお仕事お願いしたいなーって思ってる方」にメッセージとかあればお願いしてもいいでしょうか。

サンノさん

はい。基本的にはイラストを見て楽しんでもらえたら、それで嬉しいなあと感じています。ツイッターとかそんな気持ちでやっているので、イラスト見て、なんかちょっと楽しい気持なってもらったり、誰かの役に立てたりと思っています。

フジタ

多分この記事を読んでいただいて、良い意味で「あっ意外と普通の人なんや」って感じていただけると思います。興味を持ってもらったら、気楽にお問合せしてください。気さくって書かれているので。笑

サンノさん

はい、気さくなので大丈夫です!笑

フジタ

今日はありがとうございました!

サンノさん

ありがとうございました!

この記事をシェア!

グラフィックデザイナーの他の記事
グラフィックデザイナー一覧 >

石原 利貴さん
他では使えないデザインを
トモクサユウタ
「意味のあるもの」を
つくりたい
723(Natsumi)
お客様の背中を押せる、
ロゴデザインを
サンノ
クライアントのイメージを
イラストする