レリッシュ森かおるの「日々のひとさら」 3日目

バスで通学していた学生時代。衹園祭の山鉾の準備が始まると、どこからともなく「コンコンチキチン、コンチキチン♪」と聞こえてきました。
あー夏やなー!でも期末テストか!なんてテンションが上がったり下がったり。
そんな懐かしい記憶がよみがえります。
今年は3年ぶりにあのコンコンチキチン、コンチキチンが聞こえるようです。
少しずついつもの京都の夏風景戻って来そうです。
皆さんに楽しい想い出が残る夏になると良いですね。

というわけで、今回は夏といえば素麺でしょ!乾麺だから保存も便利。
でも、普通に食べる以外何かできないの?
はい、そんな時は和え物に。
ゴマ和えでも、ポン酢和えでも、採れたて夏野菜や海草と合わせておつまみに、もちろん主菜のおかずとしても。
細くて繊細な麺はとても味の絡みも良いのです。
メインにも副菜にも使えるところがお気に入り。
ぜひお家でどんどんアレンジレシピ作ってみて下さいね。

レリッシュ食堂の今月のおばんざい

今月のメインはアジ南蛮。きゅうりと玉ねぎを添えてさっぱりと。

あらいぶきっちんさんのお揚げと旬野菜のお味噌汁も体に優しく沁みわたります。
暑気を吹き飛ばしに来てくださいね。

ひとさらレシピは前回に引き続き、ズッキーニと組み合わせた一品。
今回はそうめんに合わせて千切りし、生のままの食感を味わってみてください。

「そうめんとズッキーニの白味噌和え」

■材料
そうめん   1/2束
ズッキーニ  1/2本
白味噌  大さじ1~2
白ごま  少々
赤紫蘇  適宜

■作り方
①  そうめんは食べやすい長さに折って茹で冷水にとって水をきる。
②  ズッキーニは千切りして塩を適量ふりしんなりしたら水気を切る。
③  ①②を白味噌で和え、ごまをふって、彩りに刻んだ赤紫蘇などを添える。

使ったズッキーニは地元農家enseさんのもの。鮮やかな色合いで食卓に彩りを添えます。
雑貨店のほうでは毎週水曜日にとれたてのお野菜の販売もございます。
旬のお野菜は栄養満点。ぜひ作ってみてくださいね。


Relish

〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町大山崎竜光49番地 
Tel.Fax 075-953-1292 

web site www.relish-style.com 
instagram https://www.instagram.com/relish_kyoto 

営業時間 10:30~17:00(毎週土曜は8:30~) 

*土曜朝8:30-9:30まで前庭で山崎ビオマルシェを開催しています。 

定休日 毎週月休(祝日・10日は営業)月祝の翌日休 夏期・冬期休業あり 

*2022.8/8~8/15夏季休業 

Relish食堂 

〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町大山崎鏡田20-14-1F 

TEL 080-2522-4468 

Instagram https://www.instagram.com/relish.shokudo 

ストアーズ予約 https://coubic.com/relishkyoto 

営業時間 11:00~15:00(ラストオーダー14:30) 
定休日 毎週日曜・月曜(祝日は営業、翌火休)第2火曜 夏期・冬期休業あり 

*2022.8/7~8/16夏季休業 

この記事をシェア!

好きが見つかる連載の他の記事
好きが見つかる連載一覧 >

京都モノクロルーム -フィルム写真の世界へようこそ-第三回目
うろうろ、裏具のうらがわウォーク04
こと京都が教える -京都伝統野菜の九条ねぎのコト-第六回目
The Millennials 京都【体験レポート】| 京都空間デザイン探訪