【京都の老舗喫茶店】「タナカコーヒ」でコーヒーと昔ながらのフードメニューを楽しむ


菅谷 綵

京都にはレトロな喫茶店がたくさんあります。河原町周辺の喫茶店を知っていれば、コーヒーが飲みたい時も、小腹が空いた時も、一服したい時にもゆっくりすることができます。そんな時間を過ごすのにちょうどいい「タナカコーヒ 河原町店」をご紹介します。

タナカコーヒの店内入口

「タナカコーヒ河原町店」は阪急電車の終点の京都河原町駅より徒歩5分。または、京阪電車の京阪三条駅から徒歩5分ほどのところにあります。河原町通りから少し路地に入ると看板が見えてきます。

入口に置いてある黒板には、全席全面喫煙可の文字があります。条例により、20歳以上の年齢制限があります。そんな大人な空間が店内には広がっています。

ショーケースには、パフェのサンプルが並んでいます。

カウンターと吹き抜けがある店内

店内に入ると、4つのテーブルの奥にカウンターがあり、さらに奥には少し仕切られたテーブル席があります。吹き抜けになっている部分もあり、開放感があります。カウンターはハイテーブルです。カウンターの席からサイフォンが並んでいるのが見えます。

2階は、6人が余裕で座れる広いテーブルと4人掛けのテーブルが4つあります。広いテーブルのソファ席も、木製の椅子も座り心地がよく、長居したくなる店内になっています。


ドリンクを注文

ホットコーヒーは6種類から選ぶことができます。
おすすめはアイスコーヒーです。ミルクや砂糖を入れるか尋ねられます。

コーヒーは酸味が弱めのため、飲みやすいです。
ホットは少し苦味が感じられ、アイスはしっかりと冷たく、どんなフードメニューとも相性が良いと思われます。お皿にのった状態で提供される為、水滴を気にしなくて良い配慮がされています。





ドリンクではカフェカプチーノもおすすめです。シナモンスティックがアクセントになっていて、ふわふわの泡が美味しいです。オレンジピールが良い香りで、他のお店ではなかなかない1杯だと思います。

フードを注文

フードメニューはこちらになります。


おすすめのメニューはホットサンドです。
ハム玉子、ハムチーズ、ベーコン玉子の3種類から選ぶことができます。
中にはぎっしりと具材が入っています。抑えながら食べないと溢れてくるくらいです。
ハムと玉子の素朴な味付けが美味しく、リピートしたくなります。カリカリのパンの耳も一緒にお皿に盛り付けられる為、最後まで満足の一皿になります。


甘いものが食べたい時は、「ワッフル」をおすすめします。
チョコレート・シナモン・メープルの3種類から選べます。コーヒーか紅茶を選び、1,100円で食べることができます。ワッフルは斜め半分に切ってあり、バニラアイスと生クリームがのっております。

ワッフル自体は甘さ控えめで、カリッとした食感です。バニラアイスとソースがかかっていて、甘くてブラックコーヒーにピッタリで、ボリューム感のあるスイーツになっています。


クラブハウスサンドウィッチはかなりボリュームがあります。ふたりでシェアして食べるのがおすすめです。トーストした食パンに玉子、トマト、チキン、レタスを挟んだサンドウィッチです。
一番美味しかったのは、グリルチキンです。照り焼きチキンで香ばしいパンとの相性が良いと思います。

レトロな魅力が詰まったタナカコーヒ

煙草が吸える喫茶店やカフェが減りつつある今日、愛煙家には貴重な喫茶店であるため、店内は埋まっています。土日の昼間は若い方が多く来店していますが、落ち着いた雰囲気の店内のため、話はしやすく、テーブル席では作業も捗ると思います。

注意点としては、全席喫煙可ということもあり、タバコの匂いが付きやすい店内です。禁煙席は用意されていませんが、一歩足を踏み入れるとレトロな魅力が詰まった喫茶店で、リピートしたくなります。

店員さんの雰囲気もとても暖かく、どんな時間でも足を運びたくなるお店です。コーヒー豆やサンドウィッチやケーキのお持ち帰りも可能です。
今出川店と祇園店にも姉妹店があります。ぜひ京都でお近くの際には、レトロな喫茶店を味わいに訪れてみてください。





タナカコーヒ 河原町店
〒604-8021 京都府京都市中京区北車屋町267-2
営業時間:9:00〜19:00
電話番号:075-223-0524
定休日:なし

この記事をシェア!

グルメの他の記事
グルメ一覧 >

御菓子司「末富」さんが新たに提案するおかし時間に「SUETOMI AoQ 青久」【インタビュー】
【京都の老舗喫茶店】「タナカコーヒ」でコーヒーと昔ながらのフードメニューを楽しむ
京都岡崎でくつろげる、おしゃれなカフェ「Lignum」
真っ白な空間で韓国カフェ気分を
「Cafe Hush」