京都岡崎でくつろげる、おしゃれなカフェ「Lignum」


kiki

紅葉が見頃となってくる11月。京都岡崎での美術館・神社仏閣めぐりの散策が楽しめる季節となりました。そんな散策の合間に、おしゃれなベーカリーカフェ「Lignum」でのくつろげるひと時はいかがでしょうか。


平安神宮、永観堂・南禅寺などの神社仏閣や京都国立近代美術館、京都市京セラ美術館、京都市動物園などの文化施設が立ち並び、琵琶湖疎水沿いの桜や紅葉などで季節の変化を楽しめる岡崎エリア。
今回は、その岡崎エリアにあるおしゃれなお店をご紹介いたします。



焼き立てパンが食べられるベーカリーカフェ「Lignum」

美術館エリアの西南方向、仁王門通り沿いの道路を挟んで琵琶湖疎水に臨む場所にお店があります。
白い外観、大きな窓、醸し出すおしゃれな雰囲気に、吸い寄せられるようにしてお店に入ってしまいます。道路からお店の入り口までにスペースがあり、暖かい季節になれば、大きな木の陰でテラス席も楽しめそうです。


店内に入ると、大きな窓のところに美味しそうなパンたちが並んでいます。
この日のラインナップは、カレーパン、エピ、シナモンロール、パンオショコラ、クロワッサンなどでした。カウンターにも大きいパンが置いてありました。


テーブルが7卓ほどと大きなテーブルに8席、席数としては26席用意されています。現在は感染対策のため、席数は減らして対応されているようです。


店内は、草花や観葉植物が美術品のように設置されていて、とても落ち着いた雰囲気です。


旬のフルーツを使ったパフェなどワクワクがつまったメニュー

メニューには、オープンサンドやフレンチトースト、フルーツパフェやフルーツトーストなど美味しそうなものばかりが並んでいます。フルーツパフェやフルーツトーストには季節のフルーツが使われているので、季節ごとの味を楽しむことができます。どれも食べたくて、なにを頼むか迷ってしまいます。

今回は、フルーツトーストをオーダーしました。
出来上がるまで、窓から外の景色を見ながら、お店の雰囲気を堪能しました。

外を通りかかる人たちも、吸い寄せられるようにお店に来られます。ですが、予約でいっぱいで、入れない方が多くおられました。来店の際は、ご予約をお勧めいたします。パンのテイクアウトはできますので、散策のお供にしてもよさそうです。

実はこちらのお店、今回で3回目の来訪でした。最初に来店した際、フレンチトーストをいただいたのですが、私のそれまで知っていたフレンチトーストとの違いに驚いたのを覚えています。そして、パンが美味しそうに並んでいるので、毎回お持ち帰りしています。



フルーツトースト

今回のフルーツトーストは、「安納芋×オレンジ×ミモレット」

厚切りトーストの上に、アプリコットジャム、オレンジ・安納芋などのヌガーグラッセ、スイートポテトが乗り、サツマイモチップス、ドライオレンジなどがトッピングされています。

見た目はまさに、芸術品。どんな味なのだろうとわくわくしながら、食べすすめました。お芋の甘さに、オレンジの爽やかさが加わって、普段味わうことのない感覚で、お口の中もおしゃれになり、大満足の一品でした。

Instagramには、パフェなども紹介されていて、とっても美味しそうです。こちらも食べないわけにはいきません。また近いうちに来訪したいと思います。



ベーカリーカフェ「Lignum」いかがでしたでしょうか。岡崎エリアにお越しの際には、ぜひ一度お立ち寄りください。



「Lignum」リグナム
住所)〒606-8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町36‐1 1F
電話番号)075-771-1711
営業時間)8:00~18:00
※Instagramには11月より営業時間が9時openになるとのお知らせが載っています。
 また9時~11時は予約のみとのこと。
 お電話やInstagramであらかじめ営業時間などの確認をお願いします。
定休日)月曜日

この記事をシェア!

グルメの他の記事
グルメ一覧 >

御菓子司「末富」さんが新たに提案するおかし時間に「SUETOMI AoQ 青久」【インタビュー】
【京都の老舗喫茶店】「タナカコーヒ」でコーヒーと昔ながらのフードメニューを楽しむ
京都岡崎でくつろげる、おしゃれなカフェ「Lignum」
真っ白な空間で韓国カフェ気分を
「Cafe Hush」