お茶へのこだわりと想いを感じて。
嵐山の抹茶スタンド【八十八良葉舎】


karin_kyoto

嵐電に乗って車折神社(くるまざきじんじゃ)駅で降りると、すぐに見えるのは芸能神社としても有名な「車折神社」の朱塗り。その神社をもう少し右に行くと見えてくる、2坪の小さなお店。それが今回ご紹介する抹茶スタンド「八十八良葉舎(はとやりょうようしゃ)」さんです。小さな場所から多くの人気を集める八十八良葉舎さんの魅力をお伝えしたいと思います!


みなさんは抹茶の種類・産地について詳しく知っていますか?

今回紹介する「八十八良葉舎」さんは、茶葉が生産されるところからこだわりを持って商品を提供されています。店舗に訪れてみることで、丁寧な抹茶の味を楽しめるとともに、お茶への興味も高まるかもしれません。


八十八良葉舎とは?

車折神社(くるまざきじんじゃ)


冒頭にもお伝えした通り、八十八良葉舎さんは、芸能神社で有名な「車折神社(くるまざきじんじゃ)」のすぐ横にある抹茶スタンド。車折神社を巡って、ほっと一息つきたいときにはぴったりなんです!
2019年に元バリスタの方がたった2坪でオープンされました。たくさんのお客さんが訪れる現在もこの2坪というスペースは変わっていません。


「八十八良葉舎」店舗


お店を見つけるための目印は、「八十八良葉舎」と書いた赤い印のマークと、店先に置かれた植物。外観からはとても丁寧な和のイメージを受けます。
店内は店員さんがドリンクやスイーツを作ってくださる小さなカウンターとお客さんが二人ほど入れるスペースのみになっています。
「お店の中はどうなってるんだろう?」「どうやってドリンクを作ってるんだろう?」と、普通のカフェにはないこの狭さに逆に興味をそそられます。


茶葉の個性を楽しんで。産地や品種へのこだわり

八十八良葉舎さんは京都府産のお茶やシングルオリジン抹茶を取り扱われています。
シングルオリジン抹茶とは、ひとつの畑で獲れた単一品種の抹茶のこと。茶葉ごとにそれぞれ個性があり、その生産地によって違いを楽しむことができます。
八十八良葉舎さんで人気の抹茶ラテは壱、弐、零の三種類から選べます。
それぞれ産地やお値段が違うんです!

●抹茶ラテ 

壱 合組(ブレンド)  宇治田原産 おくみどり・さみどり品種  600円

弐 焙煎       城陽産   さみどり品種        850円

零 本ず       宇治産   あさひ品種         1200円



零の「本ず」は、室町時代ごろから宇治に伝わる伝統的な栽培方法。琵琶湖のヨシを編んで作ったすだれ状の「よしず」を広げて、藁(わら)で覆います。こうすることでお茶の中の旨味成分を守るのだとか。

こうして茶葉の種類や産地を目の前にしてみると、それぞれの茶葉の個性や栽培の様子など、お茶の世界をもっと知りたくなってきませんか?





さらに、八十八良葉舎オーナーの丸山さんは、毎年の収穫時期、実際に生産者さんの元を訪れ、一緒に茶の収穫作業をされています。生産者や茶道具の作家の方々から,実際にお話なども聞き、お店で提供する商品にその想いを乗せて、私たちに届けてくださっています。

「茶葉の段階から抹茶ラテが私たちの手元に届くまで」
丸山さんやスタッフの方々のおかげで、商品に関わる全ての人々のことも近くに感じることができます。


目の前でお茶を点ててくれる嬉しさ。一つずつ丁寧に作るドリンク

八十八良葉舎さんには先程ご紹介した抹茶ラテの他にも、焙じ茶ラテや紅茶ラテ、抹茶や日本茶などのドリンクがあります。スイーツは特製の抹茶餡と牛乳プリンが合わさった「八十八プリン」がとても人気です。
注文をすると、なんと店員さんがその場で抹茶を点ててくださいます!



お茶を点てるところを間近で見る機会があまりなかったので、思わず無言で見つめちゃいました(笑)
お茶を点てるときの仕草ってとても素敵ですよね!
実際に作ってくださるところを見ると、嬉しさや感謝の気持ちが増していきます。


真っ白なミルクに点てたばかりの抹茶を注いで完成!
濃い緑色が段々とミルクに溶けていく様は風情があって見惚れてしまいます。
私は抹茶ラテを頼んで、さらにその上に抹茶アイスを追加しました。
濃厚で少し甘い抹茶アイスが、甘みを抑えた抹茶ラテと合わさってとても美味しかったです。

抹茶ラテ(壱) 抹茶アイス追加


外にいくつかイートインスペースがあるので、そこでゆっくり飲食することもできます。
すぐ側を通る嵐電や車折神社の景色を楽しみながら、抹茶ラテやスイーツを味わってみてはいかがでしょう?



【まとめ】

八十八良葉舎のオーナー・丸山さんはこんな言葉を言われています。
「お茶は面白くて美味しくて美しい。」
皆さんもぜひ店舗に行って、まだ知らないお茶の世界を感じてみてください。





●店舗情報
店名:八十八良葉舎
住所:京都府京都市右京区嵯峨朝日町22-66
TEL:075-881-1881
定休日:不定休 ※SNSからご確認ください
営業時間:平日・11時~17時 休日・10時~17時
HP:https://8108kyoto.myshopify.com/

この記事をシェア!

グルメの他の記事
グルメ一覧 >

御菓子司「末富」さんが新たに提案するおかし時間に「SUETOMI AoQ 青久」【インタビュー】
【京都の老舗喫茶店】「タナカコーヒ」でコーヒーと昔ながらのフードメニューを楽しむ
京都岡崎でくつろげる、おしゃれなカフェ「Lignum」
真っ白な空間で韓国カフェ気分を
「Cafe Hush」