【お菓子つくる】シンプルでやさしい味わいのお菓子に思わずにっこり。しあわせ感じる朝ごはんとおやつ。 【体験レポート】


絵理

京町屋をリノベーションし、ご夫婦で営まれる朝ごはんとおやつのお店。ご主人が作られるお菓子と奥様が淹れてくださるドリンク。その丁寧でやさしい味わいに、何度でも通いたくなってしまう。そんな「お菓子つくる」さんをご紹介します。

【お菓子つくる】待つ時間も楽しめる空間

京町家の趣のある外観とは打って変わってナチュラルモダンな店内。

オープンキッチンをL字型のカウンターで囲んだお寿司屋さんのような造りで、お菓子ができあがるのを眺めながら待つことができます。

複数のオーダーをそれぞれ絶妙なタイミングで作りあげられていく様子はまさに職人技。丁寧に作られる様子を眺めていると、他の方がオーダーされたメニューまであれもこれも食べたくなってしまって困ります。

可愛らしいショーケースに並んだ焼き菓子たちはテイクアウト可能。お家でも美味しいお菓子が楽しめるのは嬉しいですね。

【お菓子つくる】朝ごはんの時間

朝ごはんの時間のメニューはパンを使った軽食と、ホットケーキやドーナツ、スコーンなどのシンプルなお菓子。旬のフルーツを使った季節限定のお菓子も提供されています。

人気のオープントーストは、自家製マヨネーズと生ハムに半熟たまご、たっぷりのふわふわチーズ。

こちらはマリボーチーズとハムのホットサンド。

サクッと焼き上げられた食パンと、とろけるチーズやたまごの組み合わせは最強。お菓子も一緒に楽しめるよう、小ぶりなサイズなのも嬉しいです。

そしてお菓子。プレーンなホットケーキに、今の季節は苺をトッピングすることができます。

まずは焼きたてほわほわな生地だけを味わってみると、程よい弾力にやさしい甘さ。まさにシンプルイズベストとはこのこと!と言いたくなる美味しさ。

次はバターの染み込んだ生地に、メープルシロップを好きなだけかけて。苺も乗せて。しあわせすぎて、思わず笑みがこぼれてしまいます。

こちらは斬新なルックスの苺のあんバタースコーン。サックリ口溶けの良いスコーンに甘さ控えめあんこ、とろけたバター、苺にアイシング。間違いなく美味しい組み合わせ。奥様がハンドドリップで淹れてくださる美味しい珈琲ともよく合います。

【お菓子つくる】おやつの時間

おやつの時間は季節のフルーツを使ったフレンチトーストやパフェ、シンプルなプリンなどのお菓子を、2種のドリンクと一緒にいただくことができます。

様々な味がちょっとずつ楽しめるパフェは、欲張りな女子にはたまらないメニュー。いちご飴や、焼きごまどうふ、鉄観音ゼリーなど、他店にはない工夫が凝らされた甘いものがグラスの中にぎゅぎゅっと詰め込まれています。

苺のたっぷり乗ったフレンチトーストや、昔ながらの固めな食感のプリンなど、どのメニューも魅力的なものばかり。全メニュー制覇したくなります。

【お菓子つくる】まとめ

お菓子ができあがるのを待つ間も楽しめる、朝ごはんとおやつのお店「お菓子つくる」さん。シンプルでやさしい味わいのお菓子たちは、食べた人をしあわせな気持ちにさせてくれます。ぜひ何度も通っていろいろなメニューを味わってみてください。


■SNS
@okashi_tsukuru_kyoto

■Information

お菓子つくる
京都府京都市上京区瑞光院前町36-2

TEL
075-205-3878
*予約不可

営業時間 
朝ごはん
8:30~11:00
おやつ
13:00~17:00(売り切れ次第終了)

定休日
月曜日、火曜日

Access
地下鉄烏丸線「鞍馬口駅」から徒歩14分

この記事をシェア!

グルメの他の記事
グルメ一覧 >

特製近江牛テールスープが絶品!
オモニの味「ソガシッタン」
【京都パン屋めぐり】地元で愛され続けるパン屋さん「トム・ソーヤー/Tom Sawyer」
こと京都が教える -京都伝統野菜の九条ねぎのコト-第六回目
【平日の夜限定!】府庁前のお魚屋さんが営む、コスパ最強立ち飲み『魚菊』