白子のフリットが絶品!通いたくなるスペインバル「サントレス」【体験レポート】

あぶり明太子

京都市営地下鉄五条駅を降りて烏丸通り沿いを南に下がると、賑やかな明かりが店内から漏れ出してなんだか雰囲気の良さそうなバルを発見。いつも烏丸通りを通るたびに沢山お客さん入っているなあと気になっていたお店です。今日はそんなスペインバル、サントレスさんに行ってきましたのでご紹介をします。

雰囲気の良い店内、まずはスパークリングで乾杯を

店内にはいると目の前には8~10席ほどのL字カウンターと、テーブル席が全部で4卓ほど。広すぎず狭すぎず、ラフで気取らない、雰囲気の良い店内です。まずはスパークリングワインで乾杯、スペインのカバが1杯600円で楽しめます。
その他、ハウスワインが390円、おすすめワイングラス650円~。
ボトルも手の届きやすいリーズナブルな価格。メニューリストにないボトルワインもあるので、こんなワインを飲んでみたいとお伝えすれば、お好みでその日仕入れてるボトルワインを出してくれるかも…?

おすすめは3種類のサイズから選べるのが嬉しい、タパス盛り合わせ

タパス前菜盛り合わせ330円〜

こういう本格的なバルとかの前菜盛りってちょーっとずつしかないよねー。Sサイズもどうぜちびっとずつなんでしょー。と思ってました。すいませんでした、これでなんとSサイズ、1,280円…!タパスの種類が多いのも嬉しいし、1つひとつ量もあります。前菜Lサイズ頼んだらどんくらいくんのこれ。前菜だけでも軽くワインボトル1本いけちゃいそうで怖いです!

とにかく何を食べてもおいしい、ワインに合う

スペイン料理なので基本的にワインに合いますが、ワイン好きの筆者としては何を食べてもワインに合うのが本当に最高でした。また、個人的ベストは白子のフリット。なかトロトロ、外カリッ。

白子のフリット

フリットに合わせてスペインの土着品種、メルセゲラという品種のワインをいただきました。

白ワイン召喚!

店長さんのワインの説明がとても分かりやすくて、きっとワイン以外にもいろいろ努力して勉強していらっしゃるんだろうなあと感心。こちらも色々勉強になりました。

こちらはエビときのこのアヒージョ、850円。Mサイズと選べて、写真はSサイズです。

エビときのこのアヒージョ

そのほか各種タパスはもちろんのこと(各220~330円)、ハムやチーズも豊富です。こんなの、飲むしかないよねっ!

マグロのカルパッチョ

肝心のパエリアを食す前に完全に出来上がってしまったため、この日はおとなしく帰宅。次はパエリアリベンジ、する。コーヒーやデザートも充実しているので飲む人だけじゃなく、飲まない人でも美味しいお料理とドリンクを楽しめますよ。

みんなでワイワイもよし、カウンターでひとりでしっぽりワイン飲んでもよし、いろんな使い方のできる万能バル、サントレスさんでした。


サントレス(Santres)

京都府京都市下京区烏丸五条下ル大坂町392 豊栄ビル1F

営業時間

17:00~24:00(L.O.23:00)
[土・日・祝] 17:00~24:00

定休日:月曜

http://santreskyoto.com

https://www.instagram.com/santreskyoto/

※最新の営業についてはInstagramまたは公式ホームページをご確認ください。


この記事をシェア!

グルメの他の記事
グルメ一覧 >

特製近江牛テールスープが絶品!
オモニの味「ソガシッタン」
【京都パン屋めぐり】地元で愛され続けるパン屋さん「トム・ソーヤー/Tom Sawyer」
こと京都が教える -京都伝統野菜の九条ねぎのコト-第六回目
【平日の夜限定!】府庁前のお魚屋さんが営む、コスパ最強立ち飲み『魚菊』