【京都パン屋めぐり】地元で愛され続けるパン屋さん「トム・ソーヤー/Tom Sawyer」

絵理

西陣・鞍馬口通りにある、古くから地元で愛されるパン屋「トム・ソーヤー」さん。 ついつい立ち寄りたくなってしまう庶民的で親しみやすい雰囲気と、 目移りするほどの種類の豊富さが魅力。 ぜひ京都散策やパン屋めぐりの際にふらっと訪れて、お気に入りのパンを見つけてみてください。




西陣・鞍馬口通りにある、古くから地元で愛されるパン屋「トム・ソーヤー」さん。

ついつい立ち寄りたくなってしまう庶民的で親しみやすい雰囲気と、目移りするほどの種類の豊富さが魅力。どのパンを買おうかと悩む時間も楽しいですよね。



トム・ソーヤーってどんなパン屋さん?

1994年創業以来、地元で愛され続けて20数年。ひとり、またひとりと途切れることなくお客さんが訪れる人気店。火災のため閉店されていた時期もありますが、地元ファンからの熱い要望により再スタートされました。

重要文化財にも指定されている銭湯「船岡温泉」や建勲神社から近く、京都散策の際に立ち寄りやすい場所にあります。

イートインスペースはないため、購入したパンを船岡山公園で食べるのもおススメです。



バラエティ豊かなメニュー

こぢんまりとしたスペースに所狭しと並ぶのは、約100種にもおよぶパンたち。

色々なパンを味わってほしいから、少量ずつ沢山の種類を焼かれているそうです。夕方にはさすがに品薄になりますが、どの時間帯にお伺いしても選べる楽しさがあるのは嬉しいですね。

食パンやバゲットなどの食事系、ボリュームたっぷりのサンドイッチやお総菜系、可愛らしい菓子パン。おなじみの定番商品から季節を感じる素材を使ったものまで。中でもおススメのものを紹介したいと思います。


朝ごはんにぴったりシンプルパン

田舎パン

見事な気泡の田舎パン。シンプルで何にでも合わせやすくサンドイッチにも最適。

目玉焼きやベーコン、サラダを添えれば素敵なモーニングプレートが完成します。

もちろんそのままで、オリーブオイルやバターだけで生地の美味しさを味わうのもいいですね。

外はサクサク、中はふわっとした食感のクロワッサン。美味しい珈琲とともに味わえば幸せになれること間違いなし。チーズクロワッサンやソーセージクロワッサン、チョコクロワッサンなどもあり、気分に合わせて楽しめます。


ランチにおすすめサンドイッチ・お総菜系

フィッシュバーガー チキンバーガー

パワーチャージしたい時にはこれ。ボリューム満点で、しっかり食べ応えと満足感が味わえるバーガー。バンズに挟まりきらないほどの具材がもりもり入っているのにお手頃価格なのも嬉しいです。

ベジタブルサンド

パン食だとどうしても野菜不足になりがち。そんな時にはベジタブルサンド。ふわふわパンにレタスやトマトなどのシャキシャキお野菜がたっぷり。爽やかなバーニャカウダソースが食欲をそそります。

トマトのタルティーヌ

チーズの焦げ目が魅力的なタルティーヌ。トマトだけではなく、ズッキーニやナスなど季節のお野菜も乗っています。バリっとしたバゲットが香ばしく、食べ応えも十分です。

ぜひお家でリベイクして、熱々を頬ばってみてください。

キーマカレーパン

カレーパンはやっぱり人気。荒めのパン粉でガリガリ、ザクザクの食感が楽しめます。

スパイシーすぎないのでお子様や年配の方にも喜ばれそう。

チーズフォカッチャ

ふんわりもちもち生地のフォカッチャに、濃厚でクリーミーなチーズ。黒コショウがピリッとアクセントになっています。


癒しの時間に食べたい菓子パン

カスタネット

冷蔵ケースの中でもひときわ目を引くカスタネット。可愛らしいネーミングと魅力的なルックスに萌え。カスタードとホイップのダブルクリームはみんな大好きですよね。

ショコラオレンジ

丸いフォルムが可愛らしいショコラオレンジ。オレンジピールとチョコチップを練り込んだ生地に、カカオ80%のチョコレートを混ぜ込んだだ自家製カスタードクリーム。オレンジのシロップ漬けのトッピング。甘すぎないビターなチョコクリームと爽やかオレンジの最強タッグ。
(※ショコラオレンジは季間限定商品のため、現在は販売しておりません。)

アップルロール

りんごとシナモン。間違いない組み合わせのアップルロール。ふわふわパンに甘酸っぱい焼きりんごがたっぷり巻き込まれています。

レモンあんパン

夏場に爽やかなレモンあんパン。レモンあんを編み込んだパンに、ちょこんとレモンとピスタチオのトッピング。酸味と甘みのほどよいバランス。小ぶりなサイズで食後のデザートにもぴったり。美味しい紅茶と合わせたくなります。



トム・ソーヤーまとめ・店舗情報

京都西陣、地元で愛され続けるパン屋「トム・ソーヤー」さん、いかがでしたでしょうか。ご紹介した以外にも沢山、素敵なパンが並んでいますので、お近くに行かれた際にはぜひ覗いてみてください。


▶店舗情報 

住所 / 京都市北区紫野南舟岡町72-17

電話 / 075-451-8007

営業時間 / 7:00〜19:00

定休日 / 月曜  火曜

Instagram / @tomsawyer_1994

writing&photo 絵理 @eri_se999

この記事をシェア!

グルメの他の記事
グルメ一覧 >

御菓子司「末富」さんが新たに提案するおかし時間に「SUETOMI AoQ 青久」【インタビュー】
【京都の老舗喫茶店】「タナカコーヒ」でコーヒーと昔ながらのフードメニューを楽しむ
京都岡崎でくつろげる、おしゃれなカフェ「Lignum」
真っ白な空間で韓国カフェ気分を
「Cafe Hush」