【ワコール ラゼ×マールブランシュ】京都を代表するインナーウェアメーカーと人気菓子店の異色コラボ!その誕生秘話とは?

ランジェリー×洋菓子の異色コラボの誕生秘話

2022年春に始まった、ワコール ラゼと洋菓子店マールブランシュとのコラボ企画。反響を受けて第2弾がスタートしました。どのようなきっかけで誕生したのか、気になる機能やデザインについてなど、商品営業部の篠原さんと商品企画部チーフデザイナーの仙澤さんにお話を伺いました!

「ワコール ラゼ」のブラジャーと「マールブランシュ」の洋菓子という異色のコラボですが、そもそもどのように誕生したのでしょうか?

篠原「今までワコール ラゼのことをご存知なかったお客様に、どのようにしたら商品を知っていただくきっかけにできるかを模索する中で、異業種コラボの商品をつくることで話題につながると考え、今回のコラボ企画にたどり着きました。

その中でなぜマールブランシュさんなのか?というと、一つが同じ京都を創業の地としていること。二つ目がワコール ラゼもマールブランシュさんもすごく品質にこだわったものづくりをしている点に強い親和性を感じて、今回お話をさせていただいて実現できました。」

ワコール ラゼさんからのオファーなんですね。マールブランシュさんの反応はいかがでしたか?

篠原「初めてお話させていただいたのですが、ぜひ一緒にやりましょう!と。それぞれにファンを持つブランド同士がタッグを組むことでお客様の幅を拡げることができますし、何より異色のコラボとして多くの方々に喜んでいただけると感じました。」

第1弾を終えて、反響はいかがでしたか?

篠原「SNSを活用して発信したり、店頭でもいろいろな販促ツールを作って力を入れました。『マールブランシュとコラボするんですね』というお客様からのお声を非常に多くいただきまして、話題にもつなげることができましたので、今回の第2弾が実現できたのかなと思います。

他にもツイッターなどSNS上でリアクションしてくださる方が予想より多かったっていうのも嬉しかったです。こういう企画の楽しさかもしれないですね。」

仙澤「スィーツとランジェリーのコラボってなかなかないですよね。ビジュアル的にも結構インパクトがありますし。」

確かに、普段あまり自分で買ってお話しするものではないので、コラボ商品だと「こんなの買ったよ!」と言いやすい商品なのかなと思います。
前回が洋菓子で今回が焼き菓子というデザインコンセプトですが、工夫したところはありますか?

仙澤「春夏と秋冬のカラーリングの差別化はしました。前回はモンブランが代表カラーで、ショートケーキ、さくらのパンナコッタ、フルーツティー。
ケーキやフルーツティーそのものは誰もが知っているものではあるんですけど、今回は特に『茶の菓』はマールブランシュさんの代表的な、全国的にも知名度がある商品というところでインパクトのある商品に仕上がったかなと思っています。」

春夏シーズンではどれが一番人気でしたか?

篠原「モンブランでした。ダントツです。」

仙澤「普段ベージュカラーが一番人気になることはなかなかないんです。でもモンブランが主役なので、カラーはベージュですが、レースやプリントに凝って可愛く仕上げています。一番使いやすい色ですけど、地味な印象で拒否されることも多いのがベージュカラーですが、こうしてモンブランをモチーフにすることで、大好評でした。」

そうですよね、女性がベージュを選ぶというイメージがあまりなかったので、ちょっと驚きました。

篠原「マールブランシュさんの中でもモンブランの人気が高く、様々な商品を展開されていますが、メイン商品を採用できて正解でした。実は栗の花が描かれていて…」

本当ですね。良く見ると細かく素敵なお花の刺繍が…!こういったデザインをする中で苦労された点はありましたか?

仙澤「ワンシーズンに4つのカラー分のレースを考えて、全て柄も違う、中のプリントも違うなんてことは普段まずなくて。普通はレースの色違いで4色作るというのがいつもの作り方なんですけど、4つの品番を作るのと同じだけの労力がかかりました。1つ1つレースの強度だったり、ほつれづらさや肌触りなど全部試験していきました。それが1番大変でした。」

4倍の労力…めちゃくちゃ大変ですね。第2弾のお話いただいた時は正直どういうお気持ちでしたか?

仙澤「やっぱり楽しいですね。全部イメージがはっきりしていて、それに向けてこれだけ作れるってこともなかなかなくて。苦労もありますけど、これだけ振り切ったものを作るってこともなかなかできないので。

前シーズンのフルーツティーは夏っぽさもある元気な感じのオレンジで、これも刺繍にフルーツがいっぱい入って、プリントにもフルーツをいっぱい入れて、すごくかわいいデザインになりました。こういう遊び心のあるものが作れるっていうのはすごく楽しかったですね。」

洋菓子から生まれた4種類のデザイン。そのこだわりと魅力とは?

第1弾の春夏シーズンと比べて、今回の秋冬シーズンは何を意識されましたか?

仙澤「今回はカラーリングをクリスマスの時期に合わせました。茶の菓がメインというのもあって深いグリーンと、アップルパイの赤で。チョコレートは、レースを近くで見ていただくとわかるんですけど雪の結晶みたいになっていて。しかもレースの下にチョコレートをプリントした生地を入れてるんですよ。すごくカラフルで本当にかわいいチョコレートだったので、そのまま並べただけでも可愛いらしいなって。

なので、季節性をしっかりと表現できているラインナップかなと思います」

今回4種類のデザインで発売していますが、それぞれのデザインの特徴や込めた思い、特に思い入れのあるエピソードなどを教えてください。

そもそもモチーフにする商品はどう決められたんですか?

篠原「こちらから、『茶の菓』と『お干菓子佇古礼糖(チョコレート)暦』のチョコレートは是非コラボしたいです!とお願いしました。あと2つはマールブランシュさんからご提案がありました。前回のフルーツティーもマールブランシュさんからですね」

選ぶ基準は表現しやすさなどですか?

篠原「マールブランシュさんの定番商品であったり、デザインを反映させやすい商品を双方で選びました。」

【お濃茶ラングドシャ 茶の菓】

仙澤「『茶の菓』は和のイメージもあるので、モダンなグリーンの唐草っぽい模様を下に入れています。」

篠原「発売後、メインカラーのグリーンが一番売り行きがいいんですよ。」

深い緑が一番売れ行きがいいということは普段からあるんですか?

篠原「そもそもグリーン自体ランジェリーとしては珍しいですからね。予想通りグリーンが1番、赤が2番目に売れています。」

『茶の菓』の和洋どちらともつかない良さがきちんとブラジャーのデザインからも伝わるのがすごいです…!

【やわらかないすアップルパイ】

仙澤「アップルパイはサクサクの食感をイメージしていますね。

あとレースの中の刺繍にもリンゴがあって、その下のプリントもリンゴ柄なんですよ。隠れりんごがあったりとか。そう遊べることは普段ないので、すごく楽しんで作れました。」

【手作りジャムのデザートクッキー】

仙澤「手づくりジャムのクッキーは4色あるうちで一番肌に馴染みやすい色に仕上げようと思って。このクッキーのイメージからピンクとベージュの間ぐらいの色を選んで作ったんですけど、クッキーのサクサク感をウーリー(ウールっぽい、ツヤ感のない)糸で表現することでクッキーっぽさを出して。」

確かに!ジャムのところはツヤツヤしてますがクッキー生地のところはマットですね!表現できるのがすごい… 凝ってますね。

【お干菓子佇古礼糖(チョコレート)暦(こよみ)】

仙澤「チョコレートは、さきほどもお話した通り、レースが雪の結晶の模様になっています。チョコをそのままプリントっていうのがなかなか斬新。こちらも遊び心を入れました。」

すごくこだわりが詰まっているので改めてお話を聞くと魅力が良く伝わります

今回のコラボ商品は、ワコール ラゼ『胸もと年齢マイナス5歳をめざすブラ<ふっくら長持ち>』というブラジャーですが、どんな機能やヒミツがあるのでしょうか?

仙澤「カップの内側に、フィットして滑りにくいナノ素材のシートを使用することで、ハンモックのように胸をグッと上げて、デコルテに綺麗に造形したものをキープしてくれるようになっています。」

パッドだけのものとはまた違った効果がありますね!

仙澤「パッドも大分ふっくらしていて上に上げる機能はついているんですけど、ナノ素材を使用することで、より動かない・くずれない・捕まえながらしっかりキープしています。もうお気に入りになるとこれはずっと手放せないような。加齢によりちょっと柔らかくなってきた胸をマイナス5歳に仕上げてくれるんです。」

機能性もデザイン性も備わっていてとても魅力的です。

仙澤「さらに嬉しい機能として、サイドの部分はテープがなく脇高設計になっているので、段差になりやすい部分をカバーして作られている点も人気の機能になっています。

また、ワコール ラゼならではの着け心地にこだわり、高伸度のゴムを使っています」

きちっと形をキープしてくれるのに着け心地が楽っていうのは魅力的ですね。こういった機能面をデザインするときは、何をヒントにするのですか?

仙澤「モニターさんですね。皆さんやはり体の形が少しずつ違うので何人もの方、サイズの展開もして、いろいろな方につけてもらって微修正をくり返しています。機能性プラス、4種それぞれのレースが綺麗に沿うようにつけるっていうところが難しかったです。そういうことも含め、コラボならではの気合の入った商品になりました。」

・デザイン性と機能性の素敵なお話しありがとうございました。

最後に、読者の皆様にメッセージをお願いいたします。

篠原「全国の百貨店、専門店で取り扱いがありますので、ぜひ店頭でマールブランシュさんとのコラボ商品を手に取っていただけたら嬉しいです」

仙澤「見た目を楽しんでいただけると思うので、1つ1つ手に取ってじっくり見てほしいです。着け心地にも自信がありますので、快適に楽しい時間を過ごしていただけたらと思います。」

まとめ

コアな部分で共通点があるワコール ラゼとマールブランシュ。前回の反響があって実現した第2弾は色味と計算されたデザイン、そして高機能を併せ持つ素晴らしい商品でした!

大人の女性になるのがワクワクするような、そんな素敵なブランドです。


【キャンペーン情報】

11月末までに対象店舗で「ワコール ラゼ」商品を7,480円(税込)以上ご購入後、アンケートにお答えいただいたお客様の中から抽選で、ブラ&ショーツの刻印が押されたコラボ限定『茶の菓』(非売品)などが当たるキャンペーンを実施中です!お見逃しなく!

キャンペーンサイト:https://www.wacoal.jp/lasee/special/


■ワコール ラゼ

https://www.wacoal.jp/lasee/

■マールブランシュ

https://www.malebranche.co.jp/

この記事をシェア!

ファッション&ビューティーの他の記事
ファッション&ビューティー一覧 >

【ワコール ラゼ×マールブランシュ】京都を代表するインナーウェアメーカーと人気菓子店の異色コラボ!その誕生秘話とは?
大東寝具工業からアウトドアを楽しむソファクッション「tetra NATURA」ブランドが登場!
”木の地産地消”と”家具の使い捨てを無くす”ことを目指したカスタマイズができる国産家具
「もくわく」が、ラインナップと産地を追加し本格発売開始。
29代継承 蝋型鋳物師・長谷川亀右衛門の遺したカタチ - アクセサリーブランド「kaméemon」