【2021年8月】見て・触れて体感しよう!

京都の美術館にて8月中に開催されているイベント情報を5選ご紹介します。絵画の展覧会や刀装具の展示会、世界中で人気のあのアーティストの写真展などもご紹介しますので、京都の美術館でのイベントをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

川村悦子展 絵画の森へ

中信美術館では、「川村悦子展 絵画の森へ」が開催されています。川村悦子は京都芸術大学の教授も務める洋画家で、日本国際美術館や安井賞展のほか、デンマークの展覧会に出品したこともあります。また、京都市芸術新人賞や京都府文化賞など、数々の受賞歴を誇ります。

そんな川村悦子の作品は油彩画です。自然をテーマとした西洋的な作品や、日本伝統の美しさを表現する作品などがあります。力強く描かれた植物の美しい絵画を鑑賞できますよ。入場料が無料なのも魅力です。

なお、9月3日(金)にギャラリートークも開催される予定で、こちらも聴講無料。事前申し込みも不要ですので、気になる方は中信美術館に足を運んでみてください。

◆川村悦子展 絵画の森へ

開催日:2021年7月20日(火)~9月10日(金)

開催時間:10:00~17:00

開催場所:中信美術館(京都市上京区下立売通油小路東入西大路町136-3)

入館料:無料

公式サイト:https://www.chushin.co.jp/bijyutu/

上村松園

京都市京セラ美術館開館1周年記念展「上村松園」は、7月よりおよそ2ヶ月に渡り開催されている展覧会です。

上村松園は京都市生まれの日本画家。女性として初の文化勲章を受章した画家でもあります。上村松園の作品は清澄な画風で知られており、どの作品にも優美さと気品が感じられます。また、女性目線で気品のある女性を描き、美人画で代表される画家となりました。

現在開催されている展覧会では、上村松園が15歳の頃に誕生させた「四季美人図」、花嫁と母親の心情が巧みに描かれた「人生の花」、円熟期に制作された「雪」や「わか葉」などが出品されています。

◆上村松園

開催日:

前期2021年7月17日(土)~8月15日(日)

後期2021年8月17日(火)~9月12日(日)

開催時間:10:00~18:00

開催場所:京都市京セラ美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町124)

観覧料:一般1,800円、大学・高校生1,300円

※団体割引あり/中学生以下、京都市内に在住・通学の高校生は無料

公式サイト:https://kyotocity-kyocera.museum/exhibition/20210717-0912

写真展「MJ」~ステージ・オブ・マイケル・ジャクソン~

世界中の人々から愛された、アメリカ人アーティストといえばマイケル・ジャクソンです。マイケル・ジャクソンは、兄弟と共に結成した音楽グループ・ジャクソン5にてデビュー。1971年にはソロデビューを果たし、「Billie Jean」「BAD」「Thriller」など数々のヒットを飛ばしました。

美術館「えき」では、そんなマイケル・ジャクソンの写真展を開催しています。マイケルの音楽を聞きながら、ジャクソン5からソロにて活躍していたマイケルが映し出される、100点もの写真を鑑賞できます。マイケルのファンはもちろん、マイケルの音楽が好きな方にもおすすめのイベントです。

◆写真展「MJ」~ステージ・オブ・マイケル・ジャクソン~

開催日:2021年7月10日(土)~9月5日(日)

開催時間:10:00~19:30

開催場所: 美術館「えき」(京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階)

入館料:一般900円、高・大学生700円、小・中学生500円

公式サイト:https://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_2107.html

絢爛たる刀装具 石黒派

幕末や明治時代における金工、七宝、蒔絵、京薩摩を常設展示している清水三年坂美術館にて、「絢爛たる刀装具 石黒派」が開催されています。

刀装具とは刀を守るための外装のこと。今回の企画展では、町彫の一派である石黒派の名工、石黒雅美たちが制作した作品が展示されています。すべての部品が彫金の菊でできた一振「菊尽し打刀拵」、猛禽をモチーフにした「樹上猛禽図揃金具」など、装飾性の高い豪華な作品をぜひ見に行ってみてください。

◆絢爛たる刀装具 石黒派

開催日:2021年8月7日(土)~10月24日(日)

開催時間:10:00~17:00

開催場所: 清水三年坂美術館(京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目 337-1)

入館料:一般800円、中学~大学生500円、小学生300円

※団体割引あり/幼児は無料

公式サイト:https://sannenzaka-museum.co.jp/

玉水焼 三代

樂美術館で開催されている特別展「玉水焼 三代」。玉水焼(たまみずやき)とは、山城国玉水村(現在の京都府綴喜郡井手町玉水)にて開かれた楽焼窯のことです。玉水焼についての史料はあまり残されておらず、不明点が多いことから作者不明の作品も数多く存在しています。

現在開催されている展覧会では、初代一元から三代任土斎までの作品が展示されています。楽焼などの陶芸作品に興味のある方は、ぜひ樂美術館に足を運んでみてください。

◆玉水焼 三代

開催日:2021年5月15日(土)~8月22日(日)

開催時間:10:00~16:30

開催場所:樂美術館(京都市上京区油小路通一条下る)

入館料:一般1,000円、大学生800円、高校生400円

※中学生以下は無料

公式サイト:https://www.raku-yaki.or.jp/museum/exhibition/index.html

京都の美術館のイベントに参加して夏の思い出を作ろう!

京都にて8月中に開催される美術館イベントを5つご紹介しました。イベントに参加する際は事前に公式サイトをチェックし、予定通り開催されているか確認した上で、美術館に行ってみてくださいね。京都の美術館で素晴らしい作品を鑑賞し、暑い夏を乗り切りましょう!

writer:中村砂織

この記事をシェア!

ライフスタイルの他の記事
ライフスタイル一覧 >

家庭菜園を誰でも手軽に。心地の良い、遊べる菜園「UETE(ウエテ)」
大東寝具工業からアウトドアを楽しむソファクッション「tetra NATURA」ブランドが登場!
京の温所・釜座二条_vol.2【体験レポート】|京都空間デザイン探訪-「滞在しながら過ごしやすさをひも解く編」-
京の温所・釜座二条_vol.1【体験レポート】|京都空間デザイン探訪-中村氏と皆川氏の空間楽しむ編-