山田松香木店(やまだまつこうぼくてん)

【山田松香木店とは】

京都御所のすぐ側にお店を構える山田松香木店。江戸時代から続く香りの専門店で、“香木店”と名前にある通り、天然素材にこだわって商品作りをされているお店です。店内に並ぶ数多くの香木からはお店の歴史が感じられ、香りの調合に対する技術の高さが伺えます。定期的にワークショップイベントを開催しており、香りの体験にも力をいれています。

【山田松香木店のこだわり】

香り文化の根付く京都には数多くのお香専門店があります。その中で、山田松香木店さんの香りに対するこだわりや、お店の特徴とは一体何なのでしょうか。

「私たちは、店名にもある『香木』を最大限に活かして商品作りをしています。」とスタッフの三浦さん

「香木」とはお香の原料となる、白檀(びゃくだん)や沈香(じんこう)など、樹木から採れる香料全般のことを指します。お香に使用されるのはもちろん、昔は薬としても使われていたそう。

「その強みを活かして、お香だけではなく工芸品などに加工するといったことにも取り組んでいます。」

山田松香木店の特徴といえば、香木を活かして作られた多種多様な商品です。お香はもちろんのこと、ボールペン、傘、本の栞などがあり、お香とは違った形で「香り」を楽しむことができるでしょう。このように、お香のみならず、原材料そのものや加工品など、あらゆるニーズに対応した商品が並んでいます。

【おすすめ商品】

そんなバラエティ豊富な商品の中で、私が着目したのが「utsuroiiro」というシリーズのお香です。

「こちらのutsuroiiroはお香を始めたての方や若い方におすすめです。パッケージのデザインも可愛らしく、甘くて優しい香りのものが多いので、手に取りやすい商品なんじゃないかと思います。」

例えば、写真のCOLOR6はさくら色とよぞら色の2種類が入ったもの。

こちらは女性人気が高く、どちらも甘い香りがベースとなっています。それぞれの香りの濃さや、若干の違いを楽しんでみてください。お香立ても入っているので、香皿さえあればすぐに使えるのも嬉しいポイントですね。

「練り香水やハンドクリームなんかもありまして、こちらはお寺などでお清めの際に使う塗香(ずこう)をモチーフに作られたものです。『塗香を日常でも使いたい』という声をお客様からいただき、開発に至りました。」

お香は自分のお部屋で楽しむものですが、こちらの練り香水は日本的な香りを身に纏うことができます。出先で手首につけてリラックスするのも良いですし、「香りを身にまとって邪気を払い、心身を落ち着かせる」という、本来の塗香のような使い方も素敵だと思います。

【さいごに】

江戸時代から続く香りの専門店、山田松香木店。お香のみならず、香木を活かして工芸品を作成するなど、あらゆるニーズに答えられる商品が並んでいます。京都御苑からすぐの場所にあるので、アクセスも良好です。ぜひ一度訪れて、多種多様な商品をご覧になってください。

▷山田松香木店

住所/〒602-8014 京都市上京区勘解由小路町164(室町通下立売上ル)
電話 / 075-441-1123
営業時間 / 10:30~17:00 (店休日:年末年始・お盆)
Webサイト/https://www.yamadamatsu.co.jp

この記事をシェア!

ストア/ストアオーナーの他の記事
ストア/ストアオーナー一覧 >

香老舗 林龍昇堂(はやしりゅうしょうどう)
香老舗 薫玉堂(くんぎょくどう)
山田松香木店(やまだまつこうぼくてん)
香老舗 松栄堂(しょうえいどう)京都本店