柴犬たけしのフォト日記 #2日目


たきちさん

昔から、わたしの猫がこんなことを思っているのかな?と想像するのが好きでした。 たけしくんの世界が楽しく伝わりますように。

おはようさんです
たけしやで。

カメラマンのたきちはんが、ぼくの日記書くてゆわはってんけど、絶対ぼくの方がおもろいと思うわ。
せやしKYOTOLETTERさん、みなさん、よろしゅうおたのもうします。

いつもカメラマンが来る日はな、なんか知らんけど雨の日が多いねんで。
この日も最初降っとったしな。

これな、お母さんが嵐のデビューの服みたいやな、ゆうねん。
みんなかわいいゆわはるし、気に入ってます。

この日は、ぼくの彼女の写真撮ってもろたねん。
カップルフォトってゆうんかな。

まあ、ゆうてもぼくらはいつも通りのデートするだけなんやけどな。

はなちゃんゆうねんで。
かわいい名前やろ?ぼくの嫁さん。

2年前にぼくがお散歩する公園に、はなちゃんが来るようになってん。
最初、月に一回とかやってんけどな、
ぼくらがもっと会いたいのん、お母さんらが気づいてくれはって
毎週来てくれるようになったん。

なんか知らんけど、だんだん守ってあげたい存在になってきて、
はなちゃんもぼくが好きやーゆうてくれて、

ゴールインな雰囲気やってん。

そしたらな、去年、はなちゃんが急にしんどくなっちゃって、
お医者さん行ったら「あと2週間です」言われたらしい。

あわててぼく会いにいってん。
でもな、はなちゃんいつもみたいに元気やったねん。

ぼくに会ったからかもしれへんわ。

またいつもの公園おいでなって約束してその日は帰ってん。
そしたらな!そしたらな!お散歩来はってんで。

奇跡や思わへん?

すごいねん、今も元気やねんで!
ぼくの嫁さん、めっちゃすごいねんで。

愛と勇気や。
そうゆうこと。

初回からちょっとのろけてしもてかんにんです。
見てくれて、おおきに。ほなまたね。




わんちゃんねこちゃんの殺処分を減らす写真展in Tokyo2022/ぼくらは幸せになるために生まれてきた「老犬猫と、ひと」
▼2022/1/15~3/14クラウドファンディングに挑戦中!

https://camp-fire.jp/projects/view/532320

写真の力でわんちゃんねこちゃんの殺処分を減らす活動をしています「おうちで愛情受けて暮らす子」と「保護施設で収容されている子」の両極端の環境で生きる命を組写真で表現し 「モノ」ではなく感情ある命であることと 現状を知ってもらうきっかけになりたい !という思いで写真を撮っています

HP> thisphoto.jp

Instagram> https://instagram.com/thisphoto_kyoto

Mail> info@thisphoto.jp





この記事をシェア!

好きが見つかる連載の他の記事
好きが見つかる連載一覧 >

京都モノクロルーム -フィルム写真の世界へようこそ-第三回目
うろうろ、裏具のうらがわウォーク04
こと京都が教える -京都伝統野菜の九条ねぎのコト-第六回目
The Millennials 京都【体験レポート】| 京都空間デザイン探訪